[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[openoffice:11033] Re: [ja-discuss] OpenOffice.org 日本語プロジェクトメーリングリスト



矢崎さん

はじめまして。こんにちは。

日本市場における OpenOffice.org の普及は、欧米諸国に半分10年(なぜに日本語
には half decade という表現方法がないんじゃ)程度遅れて、徐々に始まりだして
いるところだと思います。

私企業、官公庁、教育、などの各方面にて、OpenOffice.org の採用および検討が
近年になって急速に進み始めたのではないかと思います。

今回、日本 OpenOffice.org ユーザー会というのと、OpenOffice.org Japanese
Native-Language Project というのが、同じだとか、別だとか、というような議論
があるようですが、ぶっちゃけ、そんなことどーだっていいと私は考えております。

そのようなレベルの話よりも、もっと別の次元の議論がまず先に必要なのではない
かと私は考えております。

OpenOffice.org の普及活動には、何が必要なのか。
OpenOffice.org の普及活動を阻害している要因は何か。

阻害要因のひとつに、ボランティア活動によるコミュニティがぶっ壊れかけている
というのがあるかと思います。例えば、ある特定の人が ML 上の投稿の 50% (2008年
5月分調べ)を占めている[1]。 内容はと見てみると、大半はそんなこと個人の blog
上に書いてくれよ。というようなレベル。2008年2月分では、OSC2008 Tokyo/Spring
への参加に対して、協力するわけではなく、足を引っ張るような発言ばかり。
[1] http://ja.openoffice.org/servlets/SummarizeList?listName=discuss&by=date

しかも、ユーザーの利益に向けた運営ではなく、個人の利益に向けた運営をしよう
としているようにも感じられます。例えば、こんな事例がありました。

OpenOffice.org 2.2 は、日本語圏ではリリースされていません。なぜでしょうか。
私が 2.2 リリースの責任者をやります。と言い出した人が多忙だったそうで、
どうなっているのでしょうか。という質問に対しては、誰かが take over するかと
思った。というような回答。

うまく行けば自分の手柄、うまくいかなければ他人のせい。というような運営が行われ
ています。そもそも、その時に誰も手伝おうといいださなかったのは、もちろん年度の
変わり目でみんな忙しかったなどという事情もあるかとは思いますが、そもそも、その
ような、自分の手柄にしてしまう、他人の提案はすべて却下、そもそもリリース用の
テストに何をすればいいかがまったくわかっていない。テスト作業はやったけど、テスト
結果の考察は何もしない。とような行動を 2.0.4, 2.1 のリリースとの時にしてきた人に
いまさら手を貸してあげようという気にはならなかった。というのが多くの人の本音だっ
たのではないかと思います。その後も毎回のようにテスター募集と言いつづけていますね。
足元にとても多くの人たちがいるにもかかわらず、相手にされないからでしょうか。

今回の OpenOffice.org 2.4.1 のリリーススケジュール [2] は公開されていて
6月10日火曜日にリリース予定と掲示されているにもかかわらず、Japanese NL では
何も行動は開始されていないようですね。リリースされない事件がまた起きるのか、
それとも数ヶ月遅れのリリースとなるのか。。。
[2] http://wiki.services.openoffice.org/wiki/OOoRelease241

こういった、運営のあり方そのものについての議論を先にするのがよいのではない
でしょうか。

どのように wiki に書きましょうか。というような事務的なレベルの話は、運営
メンバーや運営方針が変わって今よりもまともになれば、それに合わせて速やかに
行われるのではないかと思います。現時点で議論が空転しているのは、いちばん先に
手をつけなければいけない根本的なことを棚にあげたまま対策をとらず、表面的な
議論や重箱の隅つつきのような言葉遊びを続けているからではないでしょうか。

今は、ごく一部の人が、一貫した主張もなく、その場の思いつきで、過去に自分で
否定しておいた案を今になって自分で提案しなおしてみたり、、、個人の都合で
リリースしてみたり、リリースしてみなかったり、、、

その人とのIRCチャット上でのやり取りの中で、リリース作業を進めるにあたって、
まずスケジュールを決めましょうと私が提案したところ、その人は wiki 上にスケジュール
を書いて、遅れると、人に悪く言われる。とのこと。そのことも加えて、で、私は
そのような人には手を貸すわけにはいきません。とお断りしました。。。

確かに、今も見ていると、いつリリースするかなどのスケジュールは一切作られないし、
ある日突然、リリースしましたとアナウンスメールが流されていますし。。。
コミュニティがテストをしてリリースしました。私が責任者です。のようにな手柄を
独り占めするような発言をまだしているし。。。

今、日本市場に対して OpenOffice.org のコミュニティで行うとよい作業・活動は、
・OpenOffice.org 2.4.1 版のリリース作業
・OpenOffice.org 3.0 版のプロモーション活動
・既存ユーザーのサポート
・新規潜在ユーザーへのプロモーション活動
・イベント活動
・日本語のドキュメント執筆・翻訳作業
・翻訳作業
・不具合報告・不具合修正作業
・機能追加・機能改善要望の仕様検討・開発作業
・テスト作業

このような作業・活動などについての議論が discuss@ja メーリングリスト上での
大半を占める投稿となることを願っています。

Tora


【MLコミュホームページ】http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
贅沢な国産の素材をぎゅっと凝縮したサントリーの『黒酢にんにく』。
鹿児島県坂元醸造の「黒酢もろみ」と青森県産ブランドにんにく「福地ホワイ
ト六片」を飲みやすいソフトカプセルにぎゅっと閉じ込めました。
   黒酢とにんにくのダブルパワーを毎日の健康習慣に!!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=bVqZ5
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp