[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[openoffice:10725] OpenOf fice.org ドキュ メントプロジェクトについて



鎌滝@OOoドキュメントプロジェクトです。

このたび、OpenOffice.org ドキュメントプロジェクトのコーディネーターに
就任しましたので、こちらでもお知らせします。ちょっと長めのコメントとな
り失礼します。

わたしは以前から、ドキュメントプロジェクトのスタッフとして活動してきま
したが、SourceForge.jp のプロジェクトマネージャとなり、同サイトのメン
テも出来るようになったのでコーディネーターに就任しました。

また、これを機にドキュメントプロジェクトの活動を以下のようにまとめまし
たので、報告します。

OpenOffice.orgドキュメントプロジェクトでは、OpenOffice.orgの普及を促進
するため、以下の活動を行います。

* ドキュメントの発表の場としてのWiki 

    * SoruceFoge.jp内のドキュメントプロジェクトWiki[1]の管理・運営
    * wiki.services.openoffice.org内の日本語プロジェクトにあるドキュメ
      ントプロジェクト[2]の運営

* OpenOffice.orgユーザーのサポートのためのWiki 

    * FAQのまとめと初心者のためのQ&Aを行っているOpenOffice.org Q&A[3]
      の管理・運営

* イベントの企画 

    * 東京・札幌などで行われるオープンソースカンファレンス(OSC)ほか、
      イベントへの参加と企画
    * 勉強会の企画と運営(予定)
    * OpenOffice.org独自イベントの企画と運営(予定) 

SoruceFoge.jp内のドキュメントプロジェクトWiki[1]とwiki.services.open
office.org内のドキュメントプロジェクトWiki[2]との違いは、以下のように
位置付けます。

[1] は、著作権、ライセンスを明確にしたドキュメントを置きます。じっくり
腰を据えて書いたドキュメントを書きますし、そのようなドキュメントを求め
ます。基本的には、一人の方が1ページの責任を持つ形が、著作権、ライセン
スの管理上望ましいです。これは旧Wikiから引き継いだポリシーです。ただし、
アカウントを取得した人々が利用できるブログを置いたので、個々の著作権の
管理の元、ドキュメントのネタをブログで練っていただければと思います。

一方、[2]は、複数の方による共同作業の場とします。また、速報性が望まれ
るドキュメントもこちらが相応しいです。

特に[1]に設置したブログの書き手として、当MLのメンバーに期待しています。
また、同ブログには不足している機能(カテゴリによるブログの内容一覧など)
があるので、PHPに明るい方もご協力いただければと思います。

新生ドキュメントプロジェクトでは、いろんな企画やキャンペーンも行う予定
ですので、お楽しみに。

[1]http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/
[2]http://wiki.services.openoffice.org/wiki/Ja.openoffice.org/Documentation
[3]http://oooug.jp/faq/

-- 
M.Kamataki
http://ja.openoffice.org/
http://openoffice-docj.sourceforge.jp/
http://openoffice-docj.sourceforge.jp/wiki/

【MLコミュホームページ】http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
C│A│D│設│計│の│プ│ロ│に│な│り│た│い│!│┃ヒューマン┃
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘┃アカデミー┃
実務経験のない初心の方でも安心してはじめられます!資格取得や、技術習得
のための多彩な講座を揃えました。キャリアアップを目指すなら→★資料請求
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=athdS
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp