[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[openoffice:10723] Re: I BMがODF対応オフィス スイートを無償でリリース



もう帰国されたのかな?
おはようございます、松井です。

> ・ロータスノーツの無料お試し版。機能をオフィススィートに限定し、そのUIを
> 試せる。コミュニケーション系の機能を使うには、有償のノーツにアップグレード。
> 
> ・Eclipseをデスクトップ環境として使うための、ソリューションのサンプル。
> 企業内の特定のサービスのクライアントとて使い、直接オフィススイートと連携
> できる。ノーツの機能は使わないけれど、連携はしたいという場合に活用。
> IBMのプレスリリースに書いてある後半のあたりが、それをイメージしているよ
> うです。
> http://www-06.ibm.com/jp/press/20070919001.html

このプレスリリースを見てよく分かりました。
Lotus Notes 8でのコンポジット・アプリケーションの開発の普及・促進という
ことですね。

> ・OOoのUIについて、アクセシビリティを改善した物。コミュニティへ貢献する
> といっていたのが、こういう形になっているんじゃないかな。そのまま、OOoを
> IBMがリリースしても埋もれてしまうので、独自性を出そうとしている。
> 

目標はあくまで企業(および官公庁)ユーザーで、いまのところ個人のエンド
ユーザーにはあまりメリットがないという感じでしょうかね。

> あんまり分かりやすくないのですが、結果的にSunとIBMとNovellとRedhatが、同
> じOOoをベースにしたオフィススィートを担いでいくことになったというのは、
> ちょっとスゴイと感じました。

別な方向からですが、Googleも加わっていますよね。なんとも、恐ろしい勢いで
広がっていると思います。

>> これ、すごい情報量ですね。
>> 「A Technical Overview of the IBM Lotus Productivity Tools」のほかにお奨
>> めがあれば、教えていただけませんか。(それだけを優先して見ますので)
> 
> 私も全部は聞いていないのですが、3.0の機能について、最初のルイスさんの
> キーノートが面白いと思いました。あと、CMSの話が面白かったです。eZ
> Publisherの話でした。どちらも水曜日です。
> 
> http://marketing.openoffice.org/ooocon2007/programme/wednesday.html
> * Keynote: OpenOffice.org 3.0 and Beyond
> * Integrating OpenOffice.org with Web Content Management Systems

ありがとうございます。さっそく見ました。
3.0の新機能の数々、参考になりました。
LotusSymphonyについては、アップされたら見ておきます。

いろいろと教えていただいて、ありがとうございました。


-- 

松井幹彦
『OpenOffice.org ユーザーのための
Microsoft Office 互換性研究室』
http://oooug.jp/compati/


【MLコミュホームページ】http://www.freeml.com/openoffice

--[PR]------------------------------------------------------------------
オ│フ│ィ│ス│探│し│て│ま│せ│ん│か│?│
─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘─┘株式会社ライヴェックス
 首都圏オフィス賃貸のことなら、ライヴェックスにおまかせください!
 お薦め・新着物件が写真付きで随時更新しています!!
http://ad.freeml.com/cgi-bin/sa.cgi?id=asWMv
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp