[Date Prev][Date Next][Thread Prev][Thread Next][Date Index][Thread Index]

[openoffice:9909] Re: Unicodeへの対応について



SHIMIZU wrote:

> 河原 太郎さん Wrote:
>> また、住民基本台帳を扱うときに外字フォントを扱えない
>> ことは致命的である、ということで、全面的には採用
>> できなかったようです。(第3水準じゃだめなのかな、
>> この辺はあまり詳しく書いてなかった)
> 
> 河原さんご紹介のビジネスコンピュータニュース誌も読みましたが、
> 住基コードのような、きわめて限定された特殊な用途を例としてOSS
> 全体が「致命的」と短絡的に結論付ける論調には違和感を覚えました。
> 

はい、前の私の投稿では私のスタンスは書いていません
でしたが、わたしも「外字」についての部分は、変な話だな
と、思いました。 実際には外字の機能はあるんだとか、
いろいろこの記事を投稿したリプライが得られて勉強に
なりますが、しかし、OSSの問題というより、SIerの知識の
問題のような気がします。 つまり、昔の規格では
不足する文字についても新しい規格ではサポートされる
文字がある、ということを踏まえて、住民基本台帳の
文字セットを新しい文字規格へ適合させていくような方法論を
システム構築を請け負ったSIerが知識として持っていなくて、
それをソフトウェアのせいにしているのではないか、といった
印象を持ったわけです。(本当のところは私には
知りようがありませんが)

とはいえ、実はわたしも文字コードに関しては門外漢でして
一般紙の報道などで2004年改定版JIS規格があるというような
ことや、それがVistaやMacOS Xに採用されているというような
ことを表面的に知っているだけです。記事を読んで違和感を
覚えてもツッコミを入れられるだけの知識はない。。。

あと、増えた漢字はファイル名に使えるわけですが、Windows上
で、古いUNICODE非対応のアプリケーションからそのファイル名に
アクセスできないことがあって、てめえらいつまで 「〜A」 APIを
使っているんだよ! と怒鳴りたくなることが…
Veritas Backup MyPC のようなバックアップソリューションで、
こうしたファイルのバックアップを「無視」してバックアップ
する製品があって、当然、クラッシュから復元したとき元に戻らない
ファイルがあるわけです。それで、いったい何のための
バックアップだったんだか、、、ということになったことが
あります。 文字コードの世界は、知識と実践で違う難しさが
あると感じていて、非常に奥が深いと思っています。 正直、
通常意識しない文字コードのせいでファイルを失った経験も
あることから 怖いものでもあります。


> 漢字に関していえば、住基コードのような特殊事例への対応よりは、
> 既に何度かこのMLでも話題に出していますが、Surrogate Pairおよび
> JIS X 0213:2004への対応のほうが不可欠であって緊急度も高いと考え
> ています。

Surrogate Pair というのは、64bitで一文字を表現する手段、
JIS X 0213:2004 というのは、2004年改定の新しい(増えた)文字
集合、というぐらいの知識しかありません、私。。。

でも、緊急度高く対応していただく必要があると思います。

知り合いでも、お名前に新しい文字集合の字体の漢字を使う人が
少なからずいまして、いままではやむなく異なる字体を使っていましたが、
名前は尊重すべきものですから、可能であるなら正確な字体を
使うべきなわけです。 手書きの住所録とパソコンの住所録で
文字が違う違和感を、感じる世代と感じない世代があるのだと
思いますが、わたしは感じる世代なんです。 ただ、このへんって、
OpenOfficeだけが対応すべき問題ではなく、Input Method や
OS(Linuxのファイルシステムなど)のレベルでも縦の対応が必要な
話ですよね、おそらく。

--
たろかわ



--[PR]------------------------------------------------------------------
│介│護│業│界│へ│の│就│職│未経験でも大丈夫!まずは資格をとる
└─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┘ ことから始めましょう!夢はかなう!
求人のほとんどは、応募資格が「ホームヘルパー2級以上」。でも、仕事を
しながらでも資格の取得はできるんです!シカトルで【無料】資料請求を!
 http://ad.freeml.com/cgi-bin/ad.cgi?id=es3RV
------------------------------------------------------------------[PR]--
■GMO INTERNET GROUP■ GMO INTERNET www.gmo.jp